貯まったマイルが少ない場合は国内旅行に使おう!おすすめ3箇所をご紹介

僕自身マイルを貯め始めて2年ぐらい経ちましたが現在はそれなりのマイル数が貯まっていて、ここ1年間は2ヵ月に1回のペースで旅行にいっています。(というかマイルがあると行けちゃうので)

2019年も既に3~4ヵ国行く予定が入っています。

 

2019年2月 ハワイ

関連記事

僕自身マイルを貯め始めて2年ぐらい経ちましたが現在はそれなりのマイル数が貯まっていて、ここ1年間は2 […]

 

2019年4月 台湾

関連記事

僕自身マイルを貯め始めて2年ぐらい経ちましたが現在はそれなりのマイル数が貯まっていて、ここ1年間は2 […]

 

こんな海外が好きな僕ですが、実は国内も結構行ってるんです。

関連記事

僕自身マイルを貯め始めて2年ぐらい経ちましたが現在はそれなりのマイル数が貯まっていて、ここ1年間は2 […]

 

2018年の半分ぐらいは国内旅行に行っています。

実際国内旅行の場合LCCを使えば結構安く行けるので、マイルを使うほどでもないのですが出来れば旅費は安く抑えたいですよね?特にハイシーズン中は航空券値段が跳ね上がるのでマイルで取ったほうが断然お得です。

 

今回の記事はまだマイルを使ったことが無く、行き先に迷っている方向けに国内のオススメ3ヵ所と国内旅行のメリットを書いていきたいと思います。

国内旅行でマイルを使うメリット

 

無料で飛行機に乗れる

まず勘違いしてはいけませんが、マイルは旅行が無料になるわけではありません。

航空券が特典航空券という形で無料になります。

※マイルやスカイコインを使ったANAのパッケージツアーの申し込みは出来ます。

 

また良く勘違いするとこですが、国際線はマイルを使っても完全無料で飛行機に乗ることは出来ません。

航空券自体は無料になりますが、空港使用税や出国税、燃油サーチャージは別途必要になります。

この表はANAの路線別サーチャージ代金です。有償の航空券を買うよりは全然安いですが、このような料金もかかることを頭の中に入れておきましょう。

ここが国際線の特典航空券を使うデメリットです。

 

もう少しわかりやすく説明すると、実際ANAの特典航空券を取る画面で見ると以下のようになります。こちらはANAのエコノミークラスを使った羽田-ニューヨーク線の支払総額です。

 

以下はANAのファーストクラスを使った羽田-ニューヨーク線の支払総額です。必要マイル数が変わるだけで、お支払総額は同じです。

 

ちなみに羽田-ニューヨーク間のファーストクラスって、有償で購入するとどれくらいか知ってますか?

うぉーーー!100万超えてる!!

現実的にこんな値段払って飛行機なんて乗りたくないですよね(笑ファーストクラスなので必要マイル数は多くなりますが、有償で購入するより断然お得です!こんな時にマイルという最強のアイテムがあるんです。

 

そんなデメリット満載の国際線の特典航空券ですが、国内の場合

別途燃油代などの徴収はされない、さらにマイルがあれば何人でも無料で飛行機に乗ることが出来ます。
※ANAのマイルに限っては家族含め2親等までしか使えません。

 

必要マイル数が少ない

以下はANAの国内線を使った場合の必要マイル数ですが、ローシーズンであれば片道5000マイルから特典航空券を取ることが出来ます。

効率的に時間が使える

国内の飛行機を使った移動であれば2~3時間もあれば、大体の所は行けます。

 

しかし、海外旅行へ行こうと思ったら会社への根回しをして有給取得。また日程的にも土日では難しい為3~4日必要になると思います。

 

またフライト時間も韓国や台湾であれば2~3時間ですが、ヨーロッパやアメリカ方面になると10時間を超します。この「時間」を取ることが難しく、海外旅行へ行くのを諦めるケースがかなり多いと思いますが、国内旅行は移動時間も短めで非常に効率よく回れます。

 

また当然ですが国内であれば、日本語が通じるので言葉の壁によるストレスもありません。まず旅行へあまり行かない人は国内で旅慣れしておくと海外へ行った際も安心です。航空券の取り方、宿の取り方、観光地探し、トラブル対応などツアー旅行を使わないとやる事は山ほどあります。

魅力的な場所が多い

僕自身、働きながら十数か国行きましたが、やはり日本が一番だと思っています。本当に魅力がいっぱいの国です。神の国です!

 

旅行へ行けない生活から、旅行が身近にある生活にシフトできるのもマイルの魅力です。

 

僕のように、よく旅行へ行く人間からすると頑張れるのですがまだ旅行へあまり行けていない方は、マイルを貯めることに対して億劫になってしまうと思いますが、もっと日本の良いところを知ってもらいたいです。

国内旅行のオススメ3ヵ所

完全に個人的主観になりますが、国内のオススメ3ヵ所についてご紹介します。

 

北海道

観光にグルメ、自然など「ほかの県には負けない!」というものがたくさんある北海道!最近ではLCCの就航などで気軽に行けるようになりましたね。

 

僕は東海圏在住なのですが、名古屋→東京の新幹線を使うより、名古屋→札幌の飛行機を使った方が安くなるケースが多いので遊びに行ったりしています。気軽に行くなら1泊2日でも十分です!

ANAマイルを利用すれば名古屋→札幌までは15,000マイルです。(レギュラーシーズン)

関連記事

僕自身マイルを貯め始めて2年ぐらい経ちましたが現在はそれなりのマイル数が貯まっていて、ここ1年間は2 […]

 

沖縄

日本屈指の観光県でもある沖縄県。海のほかにも、世界遺産の「首里城」「中城城跡」など琉球王国関連の遺跡の数々。また本州ではちょっと見られない沖縄ならではお大自然の絶景。本当に見所満載で楽しみ方もいろいろあります。

沖縄は長期休みがとれなくても、航空便によりますが1泊2日でも十分に楽しむことができます。最近はお洒落なゲストハウスなんかもあるんですよ!

ANAマイルを利用すれば名古屋→沖縄までは18,000マイルです。(レギュラーシーズン)

関連記事

僕自身マイルを貯め始めて2年ぐらい経ちましたが現在はそれなりのマイル数が貯まっていて、ここ1年間は2 […]

 

九州

日本列島の南西端に位置する九州地方。別府、黒川、湯布院など温泉大国とも知られ、泉質や景色を様々楽しむことができます。また、異国情緒の雰囲気が漂う長崎県では歴史や文化を感じることのできる所がいっぱいあります。

ここでは完全に個人的な主観ですが、九州で訪れた方が良いところを5つピックアップしてみました。

ANAマイルを利用すれば名古屋→九州地方までは18,000マイルです。(レギュラーシーズン)

ハウステンボス

日本のテーマパークNo.1の面積を誇り、まるでヨーロッパにいるような空間が広がっています。

軍艦島

少し前に世界遺産認定され、現在非常に人気のあるスポットです。

博多の屋台

実は地元の人はあまり行かないという博多の屋台。博多の観光スポットとして多くの観光客が訪れ、賑わっています。

別府温泉

日本一の温泉パラダイス。源泉数、湧出量は日本一。今や外国人も多く訪れるような日本屈指の温泉街となっています。

桜島

もはや鹿児島のシンボルにもなっている桜島。北岳・南岳と2つの火山が合わさる複合活火山で、今も噴煙を上げ灰を降らせている世界的な火山です。
桜島港近くにある桜島ビジターセンターでは、歴史に残る噴火の様子と地形の変化など桜島のすべてについて見ることができます。

まとめ

いかがでしょうか。定番の3スポットですが、リピートしてしまうぐらい良いところです。海外も魅力的なところはいっぱいありますが、やはり日本人として日本の良いところも自分の目で確かめておきたいですよね!

ANAマイルを貯めれば簡単に行ける所ばかりなので是非マイルを貯めていきましょう!

ANAマイルの貯め方

マイルが貯まるクレジットカードだけでは大量のANAマイルは貯まりません。
では、どうすれば貯まるのか?ANAマイルを大量に貯めたい人は読んで下さい。
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP