2018年10月ANA特典航空券のルールの変更点!気になる変更ポイントをチェック

2018年10月28日搭乗分から、ANAの国内線運賃規約の変更が発表されました。

運賃規約変更同時に、国内線特典航空券のルールも大きく変更されます。国際線は今回特に変更は無いです。

変更前と変更後では、どのようにルールが変わるのでしょうか?

陸マイラーとしては、とても気になるところ。

そこで、ルールの変更箇所と共に、押さえておきたいチェックポイントをご紹介します。

 

ANA特典航空券とは?

特典航空券とは、マイルを使って購入した飛行機のチケットのことです。
マイルというのは、各航空会社独自のポイントサービスのことですが、国内のANAの場合、「ANAマイレージクラブ(AMC)」という会員限定サービスの中で、「ANAマイル」を貯めることができます。

逆にJALの場合、「(JALマイレージバンク)JMB」という会員限定サービスがあります。

 

本ブログでは、ANAマイル初心者向けに記事を書いていますのでこちらも参考にしてください。

「ANAマイル初心者がマイルを貯めてお得に旅行する方法」はこちら

ANA特典航空券の基本知識

ANA特典航空券は、国内線・国際線の2つの区分で予約することができます。

国内線の場合、マイル以外の費用は発生しません。
国際線の場合、航空券代金はマイルで支払い、空港施設料・燃料費・その他諸費用はクレジットカードなどでの支払いが必要です。

 

意外と勘違いしやすいところですが、国際線の場合マイルが貯まったからといって無料で航空券が取れません。

例を挙げますが、「東京」→「ロサンゼルス」のANA便を使う場合

必要マイル+諸経費が4万円弱必要となります。

関連記事

2018年10月28日搭乗分から、ANAの国内線運賃規約の変更が発表されました。 運賃規約変更同時に […]

 

国内線・国際線の違い

ANA特典航空券は、国内線・国際線の2つの区分で予約することができます。
国内線の場合、マイル以外の費用は発生しません。
国際線の場合、航空券代金はマイルで支払い、空港施設料・燃料費・その他諸費用はクレジットカードなどでの支払いが必要です。

必要マイル数

必要マイル数は、国内線・国際線、出発地〜到着地までの距離に応じて異なります。

一番少ないマイル数は、国内線のローシーズンで片道5000マイルから利用することが可能です。
(東京〜大阪間、沖縄〜宮古、石垣間、中部→新潟、松山など)

本人以外の家族は特典航空券を利用できるの?

特典航空券は、本人以外にも「配偶者・同性パートナー・2親等以内の親族」が利用することができます

上記家族が利用する場合、事前に「特典利用者登録」が必要になります。

特典利用者登録は、最大10名まで登録することが可能です。


(出典:ANA公式サイトより引用)

利用条件

利用対象者会員本人、会員の配偶者、同性パートナー、2親等以内の家族
年齢制限なし(幼児、小児は大人と同じマイル数が必要)
予約窓口会員専用ホームページ、電話予約センター

利用条件にも書いてありますが、間違っても友達は利用はできません。

家族を装って搭乗しているという噂もありますが完全に規約違反なので絶対にしないように。

どうしても友達と一緒に使いたい場合はANAのマイレージクラブには別の手段があります。

「友達と一緒に旅行するならマイル割り」はこちらから

 

予約〜搭乗までの流れは?

予約は、ANAホームページ(PC・スマホ)や電話(HP参照)で申し込むことができます。
申し込み後、「予約番号」と「確認番号」を取得することができますので、当日はこの2つの番号を持って空港に向かいましょう。

特典航空券、日程変更やキャンセルはできるの?

特典航空券は、有効期間内であれば何度でも無料で変更することができます。
ただしオープン券のように日程を決めない予約への変更はできませんので、必ず日程を決める必要があります。

キャンセルの場合には、未使用航空券に限り、予約した特典航空券の必要マイル数から3000マイルを差し引き、全額払い戻しが可能です。
ただし、払い戻し時点で有効期限切れマイルがない場合に限ります。
有効期限切れマイルがあれば、その部分を差し引いて払い戻しとなります。

特典航空券、アップグレードはできるの?

特典航空券は、予約した座席のアップグレードをすることが可能です。
国内線の場合、特典航空券は普通席しか予約することができません。

しかし搭乗2日前の0時〜出発20分前までであれば、ANAウェブサイトまたは予約センターで、プレミアムクラスに空席があればアップグレードすることができます。
アップグレードの支払いは、予約と同時にクレジットカードまたはアップグレードポイント(ANAプレミアムメンバー限定)での支払いとなります。

アップグレード料金は、搭乗区間や受付日によって金額が異なります。

特典航空券の予約開始日が早くなり便利に!

今回2018年10月の改定において1番大きく変わった点は、

特典航空券の予約期間が拡大され、より早く特典航空券を予約できるようになったことです。

 

現在の特典航空券の予約開始日は、「搭乗日2か月前の朝9時30分」から予約開始となっていますが、変更後は「※運航ダイヤ期間ごとの一斉予約開始日」となります。

※運航ダイヤ期間=年2回(夏・冬)、運航スケジュールが変わるタイミングで発表される、半年分のフライトスケジュールとその期間のことです。

ANAの場合、例年、
1月下旬頃:夏ダイヤ(3月の最終日曜日〜10月の最終日曜日の直前の土曜日)搭乗分
8月下旬頃:冬ダイヤ(10月の最終日曜日〜翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日)搭乗分

にダイヤが確定され、一斉発売開始となります。

 

今年度の冬ダイヤは、2018年8月28日に、2018年10月28日〜2019年3月30日搭乗分が一斉発売されます。
(プレミアムメンバーやANAカード会員などは、別途前日の8月27日に先行予約が開始となります。)

今回の改正では、この予約期限が大きく延長され、最大で半年後の特典航空券を予約することができるようになるので、かなり特典航空券で取れるチャンスが広がったのではないでしょうか。

※人気路線は半年後でも結構埋まってますので早めのチェック、予約が吉です。

新規予約や予約変更期限が拡大され便利に!

発売開始日の拡大に合わせて、新規予約・予約変更期限が、「搭乗日前日まで」に拡大されることになりました。

現行のルールでは、新規予約・予約変更期限は「搭乗日4日前」と決められています。

特典航空券は何度でも無料で変更できるというメリットがある反面、この「搭乗日4日前」というルールによってギリギリの予定変更は間に合わず、泣く泣く通常のチかットを購入せざるを得ない、というデメリットがありました。

しかし、変更後の「搭乗日前日まで」が変更期限となれば、ギリギリの予定変更も前日まで確認することができるようになります。

 

 特典航空券の有効期間・払い戻し期間の拡大

新しいルールでは、特典航空券の有効期間や払い戻し期間も拡大されます。

航空券の有効期間
現行ルール発行日および発行日翌日から起算して90日間
新ルール発行日および発行日翌日から起算して1年間

現行のルールでは、マイルを特典航空券に交換してから、最大で3か月の間に利用する必要がありました。

 

しかし新しいルールでは有効期間が1年間に延長されたので、先の長期連休などで使用したい場合も融通が利くようになりました。

また有効期限が1年間に延長されたことで、失効予定のマイルも、有効活用することが可能になります。

航空券の払い戻し期間
現行ルール航空券の有効期間満了日の翌日から起算して10日以内
新ルール航空券の有効期間満了日の翌日から起算して30日以内

これまでは未搭乗の場合、払い戻し期間は10日間でしたが30日に延長されました。

利用不可となるルール・注意すべきポイント

ルールが拡大され便利になる一方、今後利用できなくなるルールがあります。
それは「搭乗日当日、予約便よりも前の便に空席があった場合、当日に限り、出発便の変更ができる」というものです。

このルールを利用していた方にとっては、とても不便に感じてしまいますが、航空券の予約期限が拡大された上での変更になりますので、必ず前日までに予定を組んで利用していただければと思います。

また、特典航空券の予約期限が最大で約半年間に延長されたことで、前日の便がすでに満席という可能性も十分に考えられます。

今後特典航空券を利用する際には、余裕を持って予定を組むことがますます重要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はANAの特典航空券の

ぜひご自分にぴったりのカードを選択して、楽しいマイレージライフを送ってください。

 

こちらの記事もおすすめ

マイルを貯めればファーストクラスだって簡単に乗れちゃいます。

関連記事

2018年10月28日搭乗分から、ANAの国内線運賃規約の変更が発表されました。 運賃規約変更同時に […]

 

まずマイルの貯め方を知りたい方はすぐに下のボタンをクリック!!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP