【マイル】ANA SKYコインを活用すればお得に乗れる?ANA特典航空券が取れない場合の対処法

ANAマイルを貯めて特典航空券をゲットしようとしている方はお気づきかもしれませんが、マイルを貯めたからといって確実に航空券が取れるとは限らないのです。
そんな時でも大丈夫です!マイルの有効活用法がありますのでその方法をご紹介します。

この記事を読めばマイル活用法の候補が1つ増え、ANAマイルを無駄にすることなくお得に旅に出ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

 

ANAスカイコインとは?

ANA SKY コインは、ANAホームページで航空券や旅行商品(国内ツアー・海外ツアー)のお支払いに利用できる電子クーポンです。ざっくりいうとANAの電子マネーみたいなものです。

  • 1コイン=1円(10コイン単位)で利用できる
  • 航空券の燃油サーチャージの支払に当てれる
  • 利用できる人:会員本人・会員の配偶者・会員の2親等以内の親族
  • 有効期限:交換月より12ヵ月目の末日(キャンペーンなどで獲得した場合は有効期限がそれぞれ異なる)

 

ANAマイルを貯めている人のほとんどは、特典航空券を利用して無料で飛行機に乗るためにマイルを貯めていると思いますが、最近マイルを貯める人が急増している為、マイルを貯めても簡単に特典航空券が利用できずに悔しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

  • 特典航空券分のマイルがあっても人気の期間や区間の予約が取れない
  • マイルが全然貯まらず有効期限が過ぎてしまう

特に人気のリゾート路線(北海道、沖縄)なんかはすぐに埋まります。

ANAの予約サイトを眺めていてこんな経験があるのなら、ANA SKYコインの利用がオススメです!ANA SKYコインは、主に以下の2つの利用方法で有効活用することができます。

 

ANA航空券(国内線・国際線)が購入できる

ANAの特典航空券は便によって確保されている座席数が限られていますが、ANASKYコインは通常の航空券購入に充てる電子マネーなのでその便の空席がある限り航空券を確保することができます。

ANAパッケージツアーが購入できる

航空券だけでなくホテルや移動もセットになったパッケージツアーを申し込みたい時もこのANASKYコインで支払う事が出来ます。

 

ANAスカイコインの貯め方

 

ANAマイルから交換する

上記の表をみてもらうと分かる通り、ANAマイルからANASKYコインへの交換は最大で1.7倍まで交換率を上げることができます。できるだけ高レートで交換するように工夫しましょう。

 

交換レートは最大1.7倍ですが、これはANAの上級会員の場合ですので通常であればこの交換レートはなかなか難しいと思います。

 

提携企業のポイントから交換する

ANAと提携している企業のポイントをANASKYコインに交換することもできます。

 

ANA SKYコインに交換するメリット

ANA SKYコインに交換するメリットは複数あります。

航空券が取りやすい

ANAの特典航空券は利用できる席枠が決まっているので、特典航空券に交換する必要マイルを持っていたとしても航空券をゲットすることができない場合が大いにあります。

その点、ANA SKYコインは現金と同じ扱いなので、便に空席があり航空券が販売されている限り自由にANAの航空券を購入することができます。 (値段変動はあり)

 

マイルが加算される

特典航空券の利用ではANAのマイルを貯めることはできませんが、ANA SKYコインを利用したフライトはマイルを貯めることができます。

 

プレミアムポイントが加算される

プレミアムポイントは特典航空券を利用したフライトでは貯めることができませんが、スカイコインで購入した航空券なら現金で購入した場合と同じ扱いになるのでプレミアムポイントを貯めることができます。ANAの上級会員を目指すならこのプレミアムポイントを貯める必要があります。

ANAの上級会員を目指したい人はマイルを貯めて、スカイコインに交換すれば50万円以上の費用がかかる上級会員の修行を元手をかけずに行う事もできます。

仮に50万円分の航空券が必要であれば、30万マイルほどためてそれをスカイコインに交換(ANAVisaゴールド保有が前提で1.6倍の交換レート)すれば到達します。

 

不足分はクレジットカードで支払える

スカイコインでの支払いで足りない分はクレジットカードで支払うことができます。端数が出た場合などこの方法を使えばANAマイルを無駄にすることなく使い切ることができます。

 

ANA スカイコインのデメリット

特典航空券の利用と比べてお得度が落ちる

 

例えば、2018年6月1日~6月8日でアメリカ、ロサンゼルスまでの往復航空券を取ろうとした場合で考えてみましょう。

この時期はレギュラーシーズンになるので、ロサンゼルスまでのエコノミークラスの特典航空券に必要なマイルは5万マイル必要になります。

これを通常の航空券運賃で乗ろうとすると164,070円

5万マイルはANAカードを持っていれば1.5倍のレートでスカイコインに交換することができるので、75,000円分に相当します。164,070円−75,000=89,070円の実費がかかります。

 

しかしながら特典航空券の場合でも燃油サーチャージ代は別途必要になります。

89,070円から212,00円を引いても67,870円の実費が必要になります。

 

スカイコインを利用した場合はマイルも加算されるので実際は60,000円程度の出費となります。

 

ANA便の国際線は値段が高いので特典航空券の利用と比べると結構マイナスは出てしまいますが、特典航空券の枠や枚数にとらわれずにANAの航空券を購入できることを考えると、致し方ない部分はあるかと思います。

今回試算したのはエコノミークラスなので、ビジネスやファーストクラスになるともっとマイル価値が上がるのでスカイコインで購入するのはお勧めできません。

 

試しにファーストクラスの値段を調べてみました。

うぉぉーーー100万超えるじゃん!!!

北米圏のファーストクラス搭乗に必要なマイル数は150,000マイル。この場合マイル価値のとしては約6.6円分に相当します。やっぱりビジネス、ファーストクラスはマイルで乗るのに限りますね。

 

まとめ

ANA特典航空券のお得感が非常に強いため、ANA SKYコインに変えるともったいないような気がしてしまうかもしれませんが、使い方次第ではこちらがお得になる場合もあります。

しかしせっかくANAマイルを貯めても、使わなければただのポイントに過ぎません。

  • 特典航空券が取れなくてANA便を諦めていた方
  • マイルが足りなくて特典航空券の利用を諦めていた方

今回ご紹介したANA SKYコインの利用でかなりお得に旅が出来ると思います。マイルの有効期限がきてしまう前にスカイコインに交換して、旅行代金を少しでも安くして旅に出かけてみるのも1つの手段ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ANAマイルの貯め方

マイルが貯まるクレジットカードだけでは大量のANAマイルは貯まりません。
では、どうすれば貯まるのか?ANAマイルを大量に貯めたい人は読んで下さい。
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP