家族やカップルで楽しめる!ANAがハワイ・ホノルル路線に大型旅客機A380を導入。仕様がついに公開!

日本人の行きたい海外ランキングが常に上位の「ハワイ」。以前から噂があったものの、ANAが日本初導入となる総2階建て飛行機A380のハワイ、ホノルル路線の機材が公開されました。今回はその詳しい仕様についてご紹介したいと思います。

航空券予約開始は1月10日15時に決定

ついにANAのA380がハワイに就航します。

就航日は2019年5月24日!

陸マイラーとしては気になる航空券の予約開始日ですが、2019年1月10日(木)15:00~に決定しました。

この日から熾烈な座席争奪戦が始まるのではないでしょうか。

 

空席がある限り特典航空券を取得出来るキャンペーンも!

A380のハワイ路線就航記念キャンペーンとして、一定期間は空席がある限り特典航空券が取れるようになることがANAから発表されました。

これでハワイ路線がマイルでゲットできる確率がかなり上がりました。

 

気になる必要マイル数

ホノルル線の特典航空券交換に必要なマイル数も正式に発表されました。

エコノミークラスのローシーズンであれば35000マイルから特典航空券が取得可能です!

発着地利用クラスハワイ(ZONE5)
ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
日本エコノミー35,00040,00043,000
(Zone1)
プレミアムエコノミー53,00058,00061,000
ビジネス60,00065,00068,000
ファースト120,000120,000129,000

ANAが公開した2019年に導入されるホノルル路線のA380。その外観・内装・設備を解説!

 

「空飛ぶウミガメ」3種類の特別塗装機

2019年春以降、東京=ホノルル路線に順次導入する「FLYING HONU」3機はそれぞれハワイの「空」「海」「夕陽」をイメージした色と表情をもつデザインとなります。

なんとも可愛いデザインの機体で、子ども連れの方には特に喜ばれそうですね!

 

座席は全部で4クラスの520席。ファーストクラスの設定もあり

今回就航予定のANA、A380は総2階建ての520席が予定されています。

ファーストクラス8席(2階席)
ビジネスクラス 8席(2階席)
プレミアムエコノミークラス 73席(2階席)
エコノミークラス 383席(1階席)

 

僕自身、これまでに1度だけエアバスのA380に搭乗したことがあります。(タイ航空)

タイ航空のファーストクラスは空港のサービスも機内サービスも最高でしたよ!

関連記事

日本人の行きたい海外ランキングが常に上位の「ハワイ」。以前から噂があったものの、ANAが日本初導入と […]

ハワイ路線ファーストクラス導入

今回注目したいのは、ANAのハワイ路線にファーストクラスの導入を行う点です。

設備もファーストクラス専用の設定になっています。

・ドア付きの完全個室型シート
・32インチタッチパネル式大型液晶スクリーン
・ジャケット収納可能なクローゼットや複数の小物入れなどの収納スペース
・大型テーブル、左右の読書灯に加え食事灯、PC電源・USBポート

個人的にはドアが付いていて完全個室になるのはプライベート感抜群で良いと思いますが、ファーストクラスとなると気になるのはお値段の方…

 

通常ハワイ路線で

エコノミークラスで10万前後
ビジネスクラスで20~30万程度

この値段設定からいくとファーストクラスは100万円を超してくるのではないでしょうか…
こんな値段払って、どの層が乗るんですかね~
ただでさえ座席数の少ないファーストクラス。ハワイ路線はマイルを貯めても座席の取り合いになりそうですね。

 

ビジネスクラスはカップルや家族におすすめの座席配置

今回導入されるANAのハワイ・ホノルル路線のA380は、他のANAのビジネスクラスとは異なり、一部の座席が隣席と完全に隣接する仕様になります。しかもフルフラットで足伸ばせます。

・全席通路ダイレクトアクセス・フルフラットシート
・中央席ならびに通路を挟んだ一部座席にペアシート
・18インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン
・PC電源、2個のUSBポート

 

少しグレートアップしてプレミアムエコノミーもオススメ

エコノミークラスでは狭いし、ビジネスクラスほどの料金を払うのはちょっと…という方には「プレミアムエコノミー」座席もオススメです。

雰囲気的には新幹線のグリーン車的な感じですかね。

・38インチのシートピッチ
・15.6インチのクラス最大級タッチパネル式パーソナルモニター
・レッグレスト、フットレストなどなど

 

ただのエコノミークラスじゃない「カウチシート」導入

日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii」が導入されます。
このカウチシートは座席のフットレストの部分を伸ばしてフラットな状態にでき、横の座席と合わせるとベッドのようになります。

ハワイまでのフライト時間中、子どもが疲れたときや寝たい時に横になることができます。
子連れの方は利用する価値のある座席です。

ちなみに海外の航空会社では「ニュージーランド航空」が日本発着のエコノミークラスの一部座席をフラットに出来る「スカイカウチ」というシートを導入しています。

ニュージーランド航空公式

ハワイ路線の特典航空券は取れるのか?

A380の新型機材が導入されるのはうれしい事ですが、陸マイラーに取って特典航空券で座席が取れるか、ここは気になる部分かと思います。

実はハワイ行の航空券は超激戦区で、予約開始日に取らないとほぼ無理です。
エコノミークラスでも相当前に取らないと取れません。
A380の導入で座席数が増えるので特典航空券の枠を広げてくれるとは思いますが、ここはANAの方針なので何とも言えません。

JALに比べると、ホノルル路線の特典航空券は間違いなく取りにくいので、是非今回を機に特典航空券の枠を増やしてもらいたいですね。

 

ANAのホノルル線、A380気になる注意点は?

新機材でハワイに行けるのはワクワクしますが、その前に何点か懸念点があります。
A380、一度のフライトで大量に人を運べるのはいいのですが逆にデメリットが結構あります。

この機材には最大540人が登場することになります。

・チェックインに要する時間
・搭乗時間
・トイレ渋滞
・機内サービス
・到着後の入国審査
・荷物受取までの時間

考えただけでも確実に渋滞します。

ファーストクラスやビジネスクラス、スーパーフライヤーズメンバーであれば優先チェックイン、搭乗などがあるので
この点は少しは緩和されるかと思いますが、ある程度の混雑が予想されますね。

 

まとめ

個人的にはA380のファーストクラスでハワイに行ってみたいところですが、特典航空券の発券にはかなり苦労しそうです。

しかしながらこの特典航空券の座席争いを制して常夏のハワイを楽しみたいところですね。

ANAマイルの貯め方

マイルが貯まるクレジットカードだけでは大量のANAマイルは貯まりません。
では、どうすれば貯まるのか?ANAマイルを大量に貯めたい人は読んで下さい。
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP