Macで確認コードを入手してAppleIDにログインできない場合の対処方法

  • 2017年10月27日
  • 2018年9月13日
  • IT, Mac

Macを買って早々問題にぶち当たりました。
App Storeからアプリをダウンロードしようとした所、AppleIDでログインできない現象がありました。

これは「2ファクタ認証」の自分で許可したデバイスだけがApple IDアカウントにアクセスできるようにする2段階認証システムによるもので、何度かパスワードを初期化したりしましたがそれでもログインできずに結構ハマりました。
その原因はApple IDパスワードの入力方法でした。

 

スポンサーリンク



 

Apple IDにログインできない

2ファクタ認証をしていない場合、最初アプリダウンロード時にApple IDの入力を促されます。

ここで、正しいApple IDとパスワードを入れてもエラーとなりログインできませんが
iPhoneの方に何やら通知が来ます。

Apple ID確認コードが6桁の数字で表示されます。

iPhoneに確認コードが届いた事を確認してMac側のAppleIDログイン画面で、表示されたAppleID確認コード6桁をパスワードの後ろに付けて入力します。
例えば、AppleIDのパスワードが「ABCDE」で確認コードが「123456」だとすると
入力すべきパスワードは「ABCDE123456」となります。

これはAppleのサポートサイトにも書いてない為、知らないと結構ハマります。
2ファクタ認証でAppleIDにログインできない場合試してみてください。

 

スポンサーリンク



ANAマイルの貯め方

マイルが貯まるクレジットカードだけでは大量のANAマイルは貯まりません。
では、どうすれば貯まるのか?ANAマイルを大量に貯めたい人は読んで下さい。
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP