【インスタグラム】自分のアカウントのURLを調べてQRコードを作成する方法

  • 2017年12月18日
  • 2018年10月18日
  • Instagram

Instagramへの投稿をもっと多くの人に知ってもらいたい、あるいは他のSNSでつながっている人とインスタグラムでもつながりたいという時に便利なのが、自分のプロフィール画面に誘導する方法です。ところが、インスタグラムのプロフィール設定などからは自分のアカウントURLを検索する機能は見当たりません。

そこで今回は、自分のInstagramアカウントのプロフィールページにアクセスできるURLを調べて、簡単に自分のプロフィール画面のQRコード化が出来る方法をご紹介します。QRコード化が出来れば、読み取ってもらうだけで簡単にプロフィール画面にアクセスできます。

 

スポンサーリンク

 

QRコードを作成するメリット

まずはQRコードを作成するメリットからご紹介します。

チラシや名刺といった印刷物だけでなく、決済システム、発送システム(ヤフオクやメルカリ)など身の回りの生活環境から工場や流通といったビジネスに至るまでの幅広い範囲で使われ、もはや暮らしに欠かせない存在であるQRコード。

 

そんなQRコードですが、インスタグラムのプロフィールページのQRコードを作成するメリットは次のとおりです。

QRコード作成のメリット
  • ID検索をいちいちする必要がない
  • 間違った相手をフォローしなくてすむ
  • QRコードを読み取ってもらうだけでフォローが簡単にできる

 

QRコードを読み取るだけで簡単にプロフィールページに飛ぶことが出来るので、非常に便利です。

 

インスタグラムで自分のURLを調べる方法

Instagramアプリでは個別の投稿や他ユーザーのプロフィールページは簡単にシェアできても、自分のアカウントURL(プロフィールページのリンク)を確認する機能は実装されていません。そこでまず、自分のアカウントURLを知る必要があります。その方法は大きく分けて「instagram.comの後ろにユーザーネームを加える」「ブラウザでアクセスする」2つの方法があります。

 

アカウントURLは、「https://www.instagram.com/◯◯◯」になっています。◯◯◯の部分に自分のユーザーネームを加えれば、それがプロフィール画面へのリンクになります。

 

ウェブブラウザでURLを表示させてコピー

もう一つの方法は、アプリではなくブラウザからインスタグラムを開き、URLをそのままコピーします。

 

【PC版】

PC版でインスタグラムを開くとページ右側に人のアイコンがあるのでクリックすると個人プロフィールページに飛びます。

 

▼URLバーに表示されるのが自分のプロフィールページのURLになります。

 

【スマホ版】

▼歯車アイコンをクリックすると個人のプロフィールページの設定ができます。

 

https://www.instagram.com/○○○

○○○に「ユーザーネーム」を加えます。

 

以上が自分のプロフィール画面のURLを確認する手順です。

 

プロフィールページのQRコード化

プロフィールページのQRコード化にはいくつもの方法がありますがここでは3通りご紹介します。

 

バーコードどころ

QRコード化には「バーコードどころ」という便利なサイトがあるのでこちらを使います。

バーコード化するには??

 

▼QRコードを選択します

▼QRコード化したいURLをテキストボックスの中に入力して
ページ下部の「バーコードを作成する」をクリックします。

簡単にQRコードが作成できるので「PNG(拡張子の名前です。)」ボタンを押して.png形式でダウンロードします。

 

スマホでも簡単QRコード作成

※2018/09/30更新

スマホで簡単にQRコード作成

こちらのサイトもQRコード作成に特化したWEBページです。

URLやメールアドレス、自由に作成した文字や文章などを簡単にQRコード画像を作成・生成出来るサイトです。完全無料で使えてスマホ・パソコンでも使用できます。

アプリやソフトのインストールが不要なのでサクッとQRコードを作成したい方にはもってこいのWEBサイトです。

 

WEBブラウザでQRコードを1クリックで生成

WEBブラウザでGoogleChomeを使っている場合、「The QR Code Extension」という拡張機能があります。

拡張機能の詳細を見る

1クリックで現在見ているページURLのQRコードを作成してくれます。パソコンで表示中のページをスマホで見たいときに、サクッとスキャンするだけで良いのでとても便利です。

拡張機能を導入するとWEBブラウザの右上にバーコードのマークが表示されるのでQRコード化したいページを開いてボタンを押すだけでQRコード化することができます。プロフィールページのQRコードもこれで簡単に作成することができます。

 

まとめ

いかがでしょうか?WEBサイトのURLなどをQRコード化する方法を3種類ご紹介しました。プロフィール画面のURLが分かれば、そのURLを別媒体にコピー&ペーストしてプロフィール情報の拡散。また、URL自体をQRコード化すればiPhone/Androidなどのスマートフォンのバーコード読み取りアプリで簡単にプロフィール画面にアクセスできます。いちいちユーザー名を入力する必要がないのでお店などにはお勧めです。

 

coconalaでWordPressの構築始めました。
WordPressインストール&初期設定代行します WordPressで最高のブログライフを始めよう!

 

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP