シンガポール動物園行き方ガイド!ツアーを使わない行き方5選!

シンガポール動物園へ行ってきました!ナイトサファリとも迷いましたが、ホワイトタイガーが見たい!ということでシンガポール動物園へ。

今回の記事ではシンガポール動物園の行き方を5通りに分けてご紹介するのと、実際の料金、感想、気になるショーなどについてご紹介します。

 

行き方

シンガポール動物園へ行く方法はいくつかありますがここでは代表的な5つの方法をご紹介します。

Grabを使う

MRTやシャトルバスなどを使っていく方法もありますが、僕は配車アプリGrabを使用して行ってきました。

Grabを使った詳しい行き方はこちらから。

関連記事

シンガポール動物園へ行ってきました!ナイトサファリとも迷いましたが、ホワイトタイガーが見たい!ということでシンガポール動物園へ。 今回の記事ではシンガポール動物園の行き方を5通りに分けてご紹介するのと、実際の料金、感想、気になるショーなどに […]

 

その他の行き方についても簡単にご紹介します。

 

サファリゲート(Safari Gate)

サファリゲートはサンテックシティから出ている直通のシャトルバスのようなものです。

【料金】片道$7、往復$12

【市内からの所要時間】約40分

 

Voyaginの送迎バス

Voyaginという現地のアクティビティやチケットが予約できるWEBサイトです。

このVoyaginからシンガポール動物園までの送迎バスが予約できます。

 

Voyaginを使った送迎バス

【簡単予約】予約後すぐにEチケットをGET!
【予定変更にも対応】ご予約後200日間以内ならいつでも利用可能!
【アクセス抜群】バス停は複数あるため、市内からの移動に便利!
【4種類から選択】片道か往復、または1日か2日間乗り放題のチケットからお選びください!
【観光もできます】動物園までの道のりでシンガポール観光も可能!

 

市内各地にバス停があり、好きな場所で乗車、降車ができるので便利です。

【料金】片道¥516、往復¥947(その他1日乗り放題券、2日乗り放題券などあり)

Voyaginを利用した予約はこちらから

Voyagin

★市内からシンガポール動物園までは便利な往復送迎バスで★ 昼でも夜でも楽しめるシンガポール動物園やリバーサファリは、家族…

コスパ重視であればこれが簡単かもしれません。

MRT+マンダイエクスプレス(Mandai Express)

マンダイエクスプレスはMandai Parksとシンガポール国内の4か所とを結ぶシャトルバスです。

これに乗ってシンガポール動物園へ行くには、まず市内からMRTでKhatib(カーティブ)駅まで移動し、駅からシャトルバスに乗り換えます。

【料金】Khatib駅から片道$1

(参考:City HallからKhatibまで$1.61(EZ⁻linkカード利用時))

【シンガポール市内からの所要時間】約1時間

※運行時間はKhatib駅発が8:30~19:00、Mandai Parks発が8:50~19:20

ナイトサファリからの帰りには時間的に利用ができないので注意してください。

 

MRT+路線バス

市内からAng Mo Kio(アンモキオ)駅で路線バス138番線に乗り換えます。

【料金】Ang Mo Kio駅から片道$1.4(EZ-Linkカード利用時)、$2.2(現金)

(参考:City HallからAng Mo Kioまで$1.37(EZ⁻Linkカード利用時))

【市内からの所要時間】約1時間30分

 

このように行き方はたくさんあります。サファリゲートや送迎バスなどは面倒な乗り換えもなく、料金もお値打ちです。ただ、サファリゲートなどは始発のバスに乗っても開園に間に合わないため、朝早くから活動したかった僕はGrabで行くことを選択しました!

Grabを利用しても$19だったので、3人以上で行く方やお子様連れの方はGrabやタクシーを利用してしまうのも一つですね。

移動時間や料金などを比較して、自分に合った方法を選択するといいと思います。

 

シンガポール動物園に到着!

さて!お待ちかねのシンガポール動物園についてご紹介したいと思います。

今回はシンガポール動物園のみの訪問でしたので、$35でチケットを購入しました。

このようなチケットブースで購入。開園後15分ほど経った頃に着きましたが、並んでいる人はほとんどおらず、スムーズに購入することができました。

リバーサファリなど他のパークにも行く予定の方はまとめて購入すると割引があるようです。

 

こんな感じの動物園らしいチケットが渡されます。テンション上がりますね!

こちらのチケットを入り口にかざして入ります。

園内は広いのでマップをもらっておくことをお勧めします。

 

効率的な周り方

園内マップはこのような感じです。

ちなみにシンガポール動物園の広さは28ヘクタール、東京ドーム約6個分もの広さになります…!

トラムを利用しない方はやみくもに歩くのはお勧めできません…。ショーの時間などを考慮した効率的な回り方をご紹介したいと思います。

 

まず、到着したのは8:45頃。ちなみに開園時間は8:30。まだ人もまばらという印象の園内でした。

見たいショーが10:30~と11:30~だったので、まだまだ時間があります。なので、ショーがやる場所(地図で言うと左手の方)とは反対側から回ることにしました。(ショーについては後ほど詳しく書きます)

 

入園して右手に進むとテングザルがお出迎えしてくれます。

 

入り口のあたりは他にもテナガザルなどがいて、とにかくサルの鳴き声がすごかったです。(笑)

しばらく進むとワニもいてびっくりしました。

このまま右手のサイやチーターがいるほうへ進もうかとも思ったのですが、せっかくシンガポール動物園に来たなら早くホワイトタイガーが見たい!ということでちょっと寄り道して右に逸れて見てきました。

なかなかの迫力ですね!でも結構可愛いような(笑) 見れてよかったです。

帰りがけのお昼頃にもこのあたりを通ったのですが、その際は人で溢れかえってました。さすが人気者です。

そして、結果論にはなるんですが、先に見に来ておいてよかったと思いました。朝見に来たときはほぼ人がおらず、ゆっくり見ることができました。

朝から行動できる方は朝一で見に来ることをお勧めします。

 

そのあとは右手に戻ってチーターやキリンなど動物園の王道の動物たちを見ることができます。

結構近くで動物を見ることができます!

 

ライオンもいましたよ~

キリンもいます!

さらに先へ進んでいくとマンドリルやチンパンジーなどもいます。

写真を撮りながらゆっくり進んでいたので、気付けば10時近くになっていました。

キッズゾーンを抜け、お目当てのショー「Splash Safari Show」というアシカのショー会場に向かいます。

会場には10時過ぎに着いたので、まだまだ席は空いていました。

こんな感じのよく見える席を確保できました~

 

もっと前の方も空いていましたが、あまり前すぎると水に濡れるようなので要注意です(笑)

その後も続々と人が集まってきて、いい感じに席は埋まっていました。

いろんな技を見せてくれます!頭いいですね~

このアシカちゃんが水をかけてくるので前の方に座る方は気を付けてください(笑)

 

ショーを見終えたので移動しようとしたところ、スコールが降ってきてしまいました。

ちょうど屋根のあるショー会場だったので、雨が止むまでしばし待つことに…。

空は明るかったので、しばらくするとすぐに止みました。

 

次のお目当てのショーは「Elephants at Work&Play Show」で11:30から。まだ時間があったので、ペンギンやカンガルーなどを見ました。

さっきのショーも30分以上前から席を確保している方もいたので、そのことも考慮して早めの11時過ぎには会場へ行きましたが、さっきのショーよりも圧倒的に混んでました。

ほとんどの席が埋まっている中、なんとか奥の方に空いているところを見つけて席を確保しました。

その後も続々と人が入ってきましたが、もう席はなく、後ろの方で立ってみていました。また、さっきのショーよりも席の数が少なそうだったので、見たい方は早めに行った方がいいかもしれませんね。

 

しばらく待つと象が入ってきました~

全部で4頭です!

餌を食べたり、水の中に入って象がごろーんと水に浸かったり!

進行役の人が出すクイズに正解した人は前に出て、象に餌をあげてました~

こちらはさっきのショーよりはゆったりとした感じでした。

 

このショーが終わってからはもう一度ホワイトタイガーを見て、バクを見て帰りました!

ショーについて

シンガポール動物園では、ショーが開催されています。

時間が決まっているので、見たいショーを決めてその時間に合わせて行動することをお勧めします。

 

SHOW(ショー)午前午後
Splash Safari Show10:305:00
Animal Friends Show11:004:00
Elephants AT WORK&PLAY SHOW11:303:30
RAINFOREST SHOW12:302:30

 

ショーのスケジュールはこんな感じです!

午前中はすべて30分おきに開催されており、場所はされほど離れていないので、頑張れば全部を見ることも可能かもしれません(笑)

 

まとめ

柵がほとんどなく、動物を近くで見ることができる印象でした。

朝早く行くと人も少なく、ゆっくり見ることができます。帰るころには見るためには人の隙間を見つけないと…という状態でしたので、朝行ける方は朝早くいくことをお勧めします。

所要時間としては、12時半ころに動物園を後にしたので、ショーを2つ見て、1周すると4時間弱といったところでしょうか。

とても広い園内なので、見忘れることがないように地図を見ながら回った方がいいかもしれませんね。また、園内をトラムが走っているので、お子様連れの方はトラムを利用してしまうのも一つの手だと思います。ベビーカーもトラムに乗せれるようなので安心ですね。

 

迫力のある動物をたくさん見ることができるシンガポール動物園を楽しんでみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP