シンガポール・チャンギ国際空港のSATSプレミアムラウンジ利用記!「行っトク!シンガポール」の特典で無料利用

今回の記事ではシンガポール・チャンギ国際空港のSATSプレミアムラウンジを利用したレポートを書いていきます。

プライオリティーパスのラウンジが使えない僕ですが、今回なぜSATSラウンジが無料で使えたかというとシンガポール航空利用特典として行っトク!シンガポールキャンペーン開催中だったからです。

 

スポンサーリンク

 

「行っトク!シンガポール」キャンペーン

2018年4月から始まったシンガポール航空の新しいキャンペーン「行っトク!シンガポール」は、超お得!特典は5種類用意されており、その中から自分の好きなものを1つ選べます。特典は以下の通りです!

※なおシンガポール航空を利用するだけではなく、事前申し込みが必要になりますので、忘れず申し込みましょう!シンガポール航空を利用する5日前には申し込みが必要となります。

ガーデン・バイ・ザ・ベイ含む3アトラクションが50%OFF

  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
  • リバーサファリ・シンガポール
  • プラナカン博物館

3つのアトラクションがセットで50%OFF!

 

アンバサダー・トランジット・ラウンジ

チャンギ国際空港ターミナル2および、ターミナル3にあります。

 

SATSプレミアムラウンジ

チャンギ国際空港ターミナル1、ターミナル2および、ターミナル3にあります。

 

 

TWG Tea

シンガポールのお土産といえばこれ!「TWG Tea」での特別特典

 

クリスフライヤーマイル

 

シンガポール航空オリジナルのマイレージプログラム
クリスフライヤーマイル3200マイル付与してくれます。

※ボーナスマイルを選択する場合
事前にクリスフライヤー会員番号を
取得する必要があります。

 

 

SATSプレミアムラウンジ情報

SATSプレミアムラウンジはシンガポール・チャンギ国際空港が運営するラウンジです。日本行きのシンガポール航空はターミナル3から出発で、国際線の制限エリア内にあり、24時間オープンしています。

 

SATSプレミアムラウンジ利用レポート

では、改めてここからはシンガポール・チャンギ国際空港のSATSプレミアムラウンジの利用レポートを書いていきたいと思います。

 

▼チェックインも終わり、出国審査へと向かいます。

シンガポール航空は事前に荷物を自分で預けるので出国審査前の荷物チェックがありませんでした。

なので、あっという間に入国審査を終えたのでラウンジへ。

 

 

▼SATSラウンジ到着です。

 

シンガポール航空の「行っトク!シンガポール」キャンペーンで発行されたQRコードを受付で見せます。

 

ラウンジの中はこんな感じです。

 

半個室みたいになっているのが4席ありました

 

ラウンジの入り口付近にはパンフレットが並べられていました。英語なので読む気がしませんでしたがこんなコーナーもあります。

 

入り口付近には出発便を知らせるディスプレイも

 

通常の席にはコンセントとUSBケーブルが差せる端子がそれぞれ

 

SATSプレミアムラウンジの食事とドリンク

ラウンジサービスのメインとも言うべく「食事」と「ドリンク」を確認しに行きました。

 

 

こちらの冷蔵庫内にはシンガポールのTigerビールやソフトドリンク類が色々ありました。

 

ワインやアルコール類なんかもありました。

 

食事はビュッフェ形式で、自分で好きなものを取るスタイルです。

 

パンを焼いて食べたりもできます。

 

 

たくさん飲み物を持って来たのは良いものの、飲みきれず…

荷物検査も終えたのでもしかしてラウンジ内の飲みのもは機内に持ち込めるんじゃ??と思い、搭乗ゲートまで行くとなんとここで手荷物検査!

シンガポール航空は搭乗ゲートで手荷物検査するんですね。

なんか搭乗時間が早いと思ったらこの荷物検査の時間でした。

 

案の定、全部没収されました…

まあ当たり前ですけどね。

 

まとめ

駆け足でしたが、今回はシンガポール・チャンギ国際空港のSATSプレミアムラウンジのご紹介をしました。国際線のラウンジを使うのは初めてでしたが料理、ドリンク類は充実してるなーといった感じです。出発便が重なり結構ラウンジ内が混雑していたものの、出発まで快適な時間を過ごすことができました。

やっぱりこのような空港ラウンジが無料で使えるのは大きいってことでSFCカード」は取っておくべきなのか~?と思ったりしました。

 

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP