【ハワイ】短期滞在ならレンタルWi-Fiルータを借りるのがオススメ!プリペイドSIMとの比較も

海外旅行では情報収集やSNS、地図を見たりどこでも自分のスマホやタブレットで通信が出来ると便利ですよね。

今回はハワイに短期滞在する場合「レンタルWiFi」か「現地のSIMカード」どちらがお得なのか検証してみました。

どうしても「現地ではフリーWiFiしか使いたくない!」という方は参考にならないと思いますのですいません、読み飛ばしてください(笑

実際に僕も2月に渡航するのでホントはどっちがお得!?なのか気になったので調査結果を踏まえてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ハワイのWiFi環境

ハワイは世界的にも有名な観光地の為、無料のWiFiスポットも設置されていますが電波が弱かったり速度が遅かったりして、快適に使えないことがあります。

実際僕も海外へよく行きますが、空港が無料WiFiだと書いてあっても繋がらない。街中のフリーWiFiスポットが繋がらないなんて良くあります。

この現象はハワイでも同じでまだまだ観光地すべてに無料WiFiが整備されていないです。

そこで、ハワイ旅行でハワイのフリーWiFi対策に使っているのが、セキュリティ万全で格安のレンタルWiFiなんです。

 

ハワイで使える人気レンタルWiFi

ハワイは人気の渡航先という事もあって、どこのWiFiレンタル会社でも借りれるようになっています。

また様々な機種があり、数十種類になると言われておりますが参考までに人気3社をご紹介します。

人気№1 GlobalWiFi

グローバルWiFiはモバイルWiFiの部門で1位のブランドです。

料金最安値水準、受取拠点数が業界最多、24時間365日のサポートなどWiFiレンタルに関して迷った場合はまずはこの会社を選択しておきましょう!

 

人気№2 Wi-Ho!

Wi-Hoを提供するテレコムスクエアは専業24年、年間50万人が利用する老舗です。
GlibalWiFi同様料金も最安値に近く、また空港でスムーズな受け取りも出来ます。

 

人気№3 ALOHA DATA

ALOHA DATAはどこでも使用できるハワイ専用ポケットWi-Fiルーターです。
この会社の良いところは当日も現地のハワイにてレンタルが可能です。

 

レンタルWiFiルータを借りる場合

では実際にレンタルWiFiを日本で借りる場合のレンタル方法をご紹介します。

ハワイの一般的な滞在日数である、3泊5日で計算してみましょう。

 

WiFiレンタルする場合は直接レンタルWiFi会社のHPに飛ぶのではなく価格.comを経由させましょう。

関連記事

海外旅行では情報収集やSNS、地図を見たりどこでも自分のスマホやタブレットで通信が出来ると便利ですよ […]

 

各社色んなプランを出していますが今回はフォートラベルのGlobalWiFiが安かったのでこちらを選択してみました。

1日600MB使えて180円/日!!

 

渡航期間、渡航先、受け取りと返却場所を入力します。

 

安心保障パックに入るよう勧められますが、無くしたり壊れたりするのは本当に稀です。

僕も過去に何回も借りたことはありますが一度も壊れたことはないので、いつも補償には入りません。

でも、心配な方は保証に入っておきましょう!もし無くしたりして全額負担は結構痛いので…

 

さて、料金の詳細です。

3泊5日の日程に合わせて、5日間で900円!

1日180円です!

いやーこんな安くていいのかよって感じなんですが、この値段で申し込むことが出来ます。

 

 

レンタルWiFiルータのデメリット

WiFiルータの最大の弱点はバッテリー切れです。
1日フルで稼働させると大体の場合はバッテリーが切れます。
※実際細目に電源を消したりしてれば十分1日もつかと思います。

旅行へ行く際は予備のバッテリーを持っていく方が多いと思いますので、急なバッテリー切れにも対応できるようにカバンに予備バッテリーを忍ばせておきましょう。

 

また次の日に備え、WiFiルータ・予備バッテリー・スマホの3つを充電してから寝ましょう!

Amazonでハワイ対応のプリペイドSIMを購入

ハワイでは色んな種類のSIMカードが使えますが、ハワイで使える有名どころの「ZIPSIM」というプリペイドSIMカードを比較してみましょう。

 

 

「ZIPSIM」の特徴

・3in1で全てのSIMサイズ(標準、Micro、Nano)に対応。
・7日間のデータ通信500MBはテザリング可能。
・4G/LTEの速度制限は無し。
・ハワイとプエルトリコを含めたアメリカ全土での利用が可能(※アラスカ州はエリア外です。またカナダでは使用できません)
・4G LTEは対応する端末でのみ利用が可能であり、一部の地域では利用できない場合がある。
・アメリカ国内通話の発信、着信が無料。
・アメリカ国内SMSと国際SMSが無料。
・ZIP SIMはT-mobile USの周波数帯を使用している。

 

Amazonの口コミを見てもワイキキ周辺、カイルアやノース方面でも問題なく使えたというレビューが多かったので信用できます。

価格

通話+SMS+データ通信が500MB、最大7日間使えて約2850円~

500MBしか使えず、2850円~というのは少し割高感がありますね。

まあキャリアの海外ローミングを利用するよりはよっぽど安くすみますので、レンタルWiFiを持ちたくない方はこちらはオススメですね。

 

まとめ

東南アジア圏はWiFiルータより、現地SIMのほうが安い場合がありますがハワイの場合、インターネットで色々探しましたがプリペイドSIMは割高傾向でした。

WiFiルータだったら友達や家族でも1台あれば複数人シェアできるので現地での通信手段を簡単に手に入れたいのであればレンタルWiFiで十分かと思います。

 

関連記事

香港・マカオに行った時は、プリペイドSIMのほうが断然安かったです。

関連記事

海外旅行では情報収集やSNS、地図を見たりどこでも自分のスマホやタブレットで通信が出来ると便利ですよ […]

ANAマイルの貯め方

マイルが貯まるクレジットカードだけでは大量のANAマイルは貯まりません。
では、どうすれば貯まるのか?ANAマイルを大量に貯めたい人は読んで下さい。
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP