LCCを使う時は要注意!予約時にチェックしたいエアアジアのお得な使い方

いよいよ中部-札幌路線にエアアジアが就航し北海道へ行くのがさらにお得で身近になりました。

エアアジアの運賃タイプ手荷物についての規定などを事前に知っておくと、よりお得でスマートな旅が楽しめす。それでは運賃タイプと、手荷物に関する情報をご紹介をします。

 

スポンサーリンク



 

運賃タイプ

エアアジアでは様々な運賃タイプが用意されていて、自分の好みで選択することができます。
タイプによって「受託手荷物の上限」、「機内サービスの内容」、「座席グレード」などが異なります。

以下タイプ別の表になります。

割引運賃+バリューパックプレミアム
フレックス
プレミアム
フラットベッド
手荷物7Kgまでの機内持ち込み無料
受託手荷物有料
7kgまでの機内持ち込み無料
20kgまでの受託手荷物無料
7kgまでの機内持ち込み無料
20kgまでの受託手荷物無料
7kgまでの機内持ち込み無料
40kgまでの受託手荷物無料
機内食有料1食無料1食無料1食無料
枕&掛け布団
orブランケット
有料有料有料無料
座席指定有料「スタンダードシート」の一部選択可「プレミアムフラットベッド」を除く座席指定可「プレミアムフラットベッド」選択可
フライト日時の
変更
有料有料出発2時間前まで
無料で2回変更可能
出発2時間前まで
無料、無制限で変更可能
優先搭乗××可・無料可・無料
優先受託
手荷物受取
××可・無料 可・無料

 

※プレミアムフラットベッドはA330での運航便のみのサービスとなっています。
日本発着の場合、基本国際線です。

手荷物について

機内に持ち込むことの出来る手荷物の重量、サイズは航空会社によって決まっており、基本的に一人最大合計7kgで2つまで可能です。これを超えてしまう場合、空港カウンターにて超過料金を支払う必要があります。
搭乗前途中で止められて飛行機に乗れないといったトラブルにも発展しかねませんので特に注意が必要です。

機内持ち込み

・機内持ち込み手荷物(大)
ハンドル・キャスター・サイドポケット等を合わせて56cm×36cm×23cmを超えないものとなります。機内では座席上の収納棚に収納できるものに限ります。

・機内持ち込み手荷物(小)
40cm×30cm×10cmを超えない、前の座席に収納できるものとなります。

・最大合計7kg、2つまで
手荷物(大)、手荷物(小)合計7kgまで持ち込み可能です。

受託手荷物

・事前購入がお得
料金設定は3段階に分かれています。チケット予約時に購入するのが一番安く、次に予約の変更時、空港カウンター時と徐々に料金が上がっていきます。

・超過料金の支払いについて
受託手荷物を事前購入していない場合、空港カウンターにて15kg2,900円を購入。15kg以上は超過重量1kgにつき1,400円が必要です。受託手荷物を事前購入している場合で、実際重量と差が出た時には、1kg+1,400円が必要です。
※若干の重量オーバーであれば見逃してくれるかもしれませんが、荷物が重くなる事が分かっていれば事前の購入をお勧めします。僕の友人はチェックイン時に捕まって2,900円支払う羽目になってましたので…

予約時予約
変更時
空港
カウンター
15kg1,200円1,380円2,900円
20kg1,400円1,610円15kg以上は
超過重量
1kgにつき
+1,400円
25kg1,900円2,185円
30kg2,900円3,335円
40kg5,300円6,095円

 

 

以上が、エアアジアの運賃プランと荷物に関する情報です。
自分の旅のスタイルにあったプランで是非楽しい旅にしたいですね。

 

スポンサーリンク



最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP