新幹線予約の「スマートEX」を登録してみた。「エキスプレス予約」との違いは?

  • 2017年12月21日
  • 2018年3月20日
  • 日常

最近東海道新幹線に乗る機会も増え、駅の券売機やみどりの窓口でチケットを購入するのが手間だなーと思い、CMでおなじみの「スマートEX」のサービスが便利そうだったので登録し、そのご紹介と従来のインターネット予約サービスである「エクスプレス予約」との違いをご紹介します。

 

スマートEXとは

まず始めに「スマートEX」とは何ぞやという話ですが、JR東海が2017年秋から始めたチケットレスサービスで「JR東海のToicaやJR東日本のSuicaなどの交通系ICカードを持っていれば新幹線に乗れる」という何とも便利なサービスです。

利用する際には事前登録が必要になりますが、会員登録はネットから簡単にできます。その際、クレジットカードの登録が必要です。

 

※交通系ICカードも同時に登録できます。ちなみに新幹線の運賃は、クレジットカードで精算される形で、ICカードのチャージ残高から支払われません。

スマートEXの登録はこちらから

登録の仕方はJR東海スマートEXのページを参考にしてもらえれば簡単にできます。

スマートEXサービスのポイント

スマートEXサービスの最大のポイントは

新幹線の切符売り場に並ばず、スマホでサクッと予約できる

これが最大のメリットではないでしょうか。

特に観光シーズン・連休中などは、新幹線のきっぷを買える窓口・自販機が、大行列となることもよくあります。恐ろしい程の時間を無駄に消化してしまいます。

スマートEXならこのような行列に並ぶ必要はありません。スマホで簡単に予約できます。

スマートEX予約方法(スマホ版)

スマートフォンを使った「スマートEX」の予約方法を簡単に画面を使ってご紹介します。

 

▼スマートEXのトップページより「ログイン」を選択すると会員IDとパスワードを入力する画面になります。

ここは会員登録時の会員IDとパスワードを入力します。

 

▼スマートEXのシステムにログインできたら「予約」を押します。

 

▼日付、乗車駅、降車駅、人数を選択して次に進みます。

 

▼条件に当てはまる候補が表示されるので、希望の列車を選択します。

その後、座席選択を行います。「×」は空席なし、「○」は空席ありの表示です。

  

 

▼最終確認画面が出てくるので内容を確認して、予約を行います。

 

以上で予約は完了です。

エクスプレス予約(EX予約)との違い

従来のエクスプレス予約とスマートEXの違いについて簡単ですが表にしてみました。

エクスプレス予約スマートEX
年会費1000円+税無料
利用方法指定された一部のクレジットカードで決済してエクスプレス予約専用のICカード(プラスEXカード・EX-ICカード)で乗車自分が持っているクレジットカードを登録して、交通ICカードで乗車
対象区間東海道新幹線・山陽新幹線(東京-博多)

 

エクスプレス予約の場合割引金額が大きいですが年会費が別途発生する。また、使用できるクレジットカードが必要となります。スマートEXの方は誰でも気軽に使えます。

 

まとめ

スマートEXは手持ちのメインのクレジットカードで決済でき、専用のICカードが不要で、普段使っている交通系ICカードで新幹線に乗れるのが最大のメリットです。

年会費無料で、手間がかからずに時間を節約でき、予約変更も発車前まで何度でも可能なので早速登録して乗車してみましょう。

ANAマイルの貯め方

マイルが貯まるクレジットカードだけでは大量のANAマイルは貯まりません。
では、どうすれば貯まるのか?ANAマイルを大量に貯めたい人は読んで下さい。
最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP